閉じる
閉じる
閉じる
  1. NYダウの高値更新はまだまだ続く?
  2. AI主導相場を個人投資家はどう戦うべきか
  3. FXは典型的な感謝祭前の調整相場に
  4. 今期金融市場最大誤算~米国債券金利はなぜ上がらない?
  5. 仮想通貨を利用したICOが結局仮想通貨をだめにする
  6. 予測不能のハイボラティリティ相場に要注意
  7. 証券業界のポジショントークに要注意
  8. ファンドマネージャーのリターンはAIに負けている
  9. やくざの抗争を思わせるビットコインの分裂騒動
  10. 感謝祭にむけての米系投機筋の手仕舞い売りに注意
閉じる

プロに負けない!FX・先物・仮想通貨・投資情報

ファンドマネージャーのリターンはAIに負けている

今年もヘッジファンドは相場に様々な形で登場しては大きな影響を与える存在となりましたが、このヘッジファンドでもAIなどの利益獲得が非常に好調で、人がやっているファンドマネージャーのリターンは年々減少傾向にあります。

なぜ人は投資の世界でAIに負けてしまうのでしょうか?今回はその本質に迫ってみたいと思います。

人が行う投資の収益は最低ライン

Eurekahedgeというヘッジファンドのデータ分析会社が今年の年初に発表したヘッジファンドの平均リターンによりますとAIを利用したもののリターンが8.59%、人による売買が1.75%、CTAが4.49%といいう結果になっているそうです。

今年は当然まだ発表にはなっていませんが、先日の日経平均の高値から乱高下の原因を作ったと話題になったCTAもAIに比べますとそれほど稼いでいるわけではなく、結局AIを実装したアルゴリズムによる売買がもっとも高いリターンをたたき出しているという結果が報告されています。

昨年ベースだけでみてもAIは人の取引のほぼ5倍程度の運用益を積み増しているわけですから、人間のファンドマネージャーはかなり肩身の狭い思いをしていることは容易に想像できる状況です。

しかし専門に投資をやっているのになぜ人が売買するとこんなに収益が低くなってしまうのでしょうか?

結局人の知見では相場の変化についていかれない?

これはかなり深刻な話ですが、人による売買が年間平均で1.75%にしかならないとなれば、確かに投資を任せる気にもならないわけです。

やっているファンドマネジャーは決して手を抜いているわけではないのでしょうが、結果的に好成績を残すことが非常に難しくなってきていることがわかります。

つまり長年従事いていても過去の知見や経験が投資に活かせない場面が増えていることがおぼろげながら理解できます。結局現状の理解とその先の予測という点でいうとAIを使ったほうがより正確に状況が認識できるというなかなか厳しい局面がやってきているということです。

今後AI利用のほうが利益が出せるとなるとますます人間の関与度が下がりそうですが、AI同士が競争をして作り出す相場は本当に危なくないのでしょうか?

一方向に走り出すととめどもなくオーバーシュート気味に売買をしてしまいそうでかなり不安が残ります。

足元の米国の株式相場などもそれに近い恐ろしさが見え隠れしています。今年も人のほうのファンドマネージャーは苦戦中のようですが、ここからの金融市場でAIが席捲するようになると個人投資家はどのように対応すべきか真剣に考える時期がやってきているようです。

 

関連記事

  1. 7のつく年の暴落アノマリーはまだ終わっていない?

  2. 感謝祭にむけての米系投機筋の手仕舞い売りに注意

  3. 2017年相場はずばり全方位・資産バブルの様相

  4. FXは典型的な感謝祭前の調整相場に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
;