これからの雇用統計は失業率推移に注目

先日発表された米国の雇用統計は非農業部門の就業者数が前月より14万8千人増と事前予想の約18万5千人増を下回り、昨年11月の25万2千人増から伸びが鈍化したことから一瞬ドル円も売られました。 12月の失業率は前月と同じ4・1%で、市場予想通りだったことから大きく下押しすることもな ‥‥