閉じる
閉じる
閉じる
  1. 徐々に上昇をはじめた米10年債金利
  2. 感謝祭を経てもドル円ロングを減らさなかった投機筋
  3. 結局外国人が買いにこないと上昇できない日経平均
  4. 先物上場のビットコイン当面は堅調推移か
  5. ついに市場に出始めた日銀ETF買い減額の噂
  6. 日経平均半値戻しは前値戻しという見方は本当か?
  7. 減税法案米国上院通過で株式バブル2018年まで温存か
  8. FX市場は12月手仕舞い取引に厳重注意
  9. 米国株式下落は結局のところインフレ示現がきっかけか?
  10. 米レパトリ減税実施ではドル高にならない?
閉じる

プロに負けない!FX・先物・仮想通貨・投資情報

カテゴリー:米国債

税制法案の可決を受けて米国の債券市場に変化が表れ始めています。それは10年債金利が上昇しはじめたことで、瞬間的にイールドカーブはフラット化から多少長期金利が上向きになりましたが、短期金利も追随して上昇しかかっていることからスプレッド差は大き…

今年、金融市場は異常とも思えるほど、株式市場にインテグレートしてしまい、為替市場はすっかりすかすか状況に陥っています。17日の東京市場から意味もなく下げ始めたドル円はとうとう同日のNYタイムには119円を割る始末で、一応112円台に…

ここへ来てようやく米国株式市場に調整が入り始めていますが、そのきっかけになっているのは米国の減税案の実施時期の問題でまだ本格的な調整になるのかどうかは見極められない状況です。ただし、非常に気になるのが米国の長短金利差がいよいよ狭まり…

ページ上部へ戻る
;