ICOのトークンは果たして仮想通貨なのか?

芸能人GACKTの参戦で俄かに話題の中心になりつつあるICOですが、このICOで発行されるトークンなるものは本当にすべて仮想通貨といえるのでしょうか?

市場には結構誤解があるようなので、今回はこのICOについてまとめてみたいと思います。

 

IPOの払い込みを仮想通貨でするのがICOではない

まず証券市場で資金を調達するIPOをネット上において、仮想通貨で行うのがICOではないことはしっかり理解しておく必要があります。

IPOの場合既存の金融市場に上場するわけですから、その審査は非常に厳しく、さらに上場後も厳しい目で監視にさらされることになり、IPOで株券と引き換えに出資した投資家のお金は会社自体に出資され、その後は株主として一定の会社議決権を有することができるものとなります。

しかし、ICOはホワイトペーパーと呼ばれる趣意書とトークンを作れば外部の仮想通貨などは絡めなくても自社だけでICOが可能となります。

また調達したお金で本当にホワイトペーパーに記載された事業なりプロジェクト内容に調達した資金が使われたかどうかは、まったく判断できずあくまでホワイトペーパーに記載されたプロジェクトに出資するだけで会社自体に出資するのではないという点も大きく異なることになります。

さらにいくらトークンを大量に保有していても、会社に対する議決権はありませんから異議申し立てもできないというかなり中途半端な投資となる点は最初から十分に理解しておく必要があります。

国内法上のICOの扱いを考えてみますと、単にトークンが投資家の支払いに対して発行され、それ自体どこの取引所でも取引されているわけではない場合には、この段階では仮想通貨ではないということは覚えておく必要があります。

また、、単にインターネット上でデジタルアセットを販売するのに仮想通貨で支払っただけという状況であるわけですから、その販売に関しては消費税が課されることになります。

発行者にとっては資本金であるはずもなく単なる売上として課税されるという点には十分な注意が必要となります。

仮想通貨を発行するために「ICOを行う」という話になると確かにICO自体が仮想通貨につながることになりますが、一般的なICOは支払いが仮想通貨なだけでトークン自体は別に仮想通貨として機能するわけではない点はあらかじめよく理解しておく必要があります。

ICOでトークンを手に入れても何も儲からないということは、十分にあるわけですから、何か夢のような状態になると錯覚するのは相当危険です。

正直なところ、こうした構造理解ができていない俄か個人投資家が多いのが実情で、結構怖い世界になりつつあることがわかります。

あとがき

ICOはどうやら巷でもかなり流行っているようですが、ICOに目を向けるのであれば、株式投資やFXを勉強した方が間違いなく儲かる可能性は高いでしょうね。

ちなみに、FXであれば国内の店頭FXは使わない方がいいです。どうもイメージが悪いようですが、確実に海外FXの方が良心的でサービスの質が高いです。

そのあたりの情報は下記のサイトが参考になります。漫画を読めば、いかに国内のFX会社がいい加減で、投資家の為になっていないかわかりますよ。

なかなか面白いサイト XMでFX!国内業者はもうだめだ!海外FXブログ

 

コメントは受け付けていません。