閉じる
閉じる
閉じる
  1. 徐々に上昇をはじめた米10年債金利
  2. 感謝祭を経てもドル円ロングを減らさなかった投機筋
  3. 結局外国人が買いにこないと上昇できない日経平均
  4. 先物上場のビットコイン当面は堅調推移か
  5. ついに市場に出始めた日銀ETF買い減額の噂
  6. 日経平均半値戻しは前値戻しという見方は本当か?
  7. 減税法案米国上院通過で株式バブル2018年まで温存か
  8. FX市場は12月手仕舞い取引に厳重注意
  9. 米国株式下落は結局のところインフレ示現がきっかけか?
  10. 米レパトリ減税実施ではドル高にならない?
閉じる

プロに負けない!FX・先物・仮想通貨・投資情報

7のつく年2017年は早くから暴落のアノマリーが指摘されてきましたが、特に夏場が危ないとされた米国の株式市場はまんまと上昇を継続し、11月で米国の景気拡大は過去と比べても異例の100か月に到達するようになっています。もちろん日本もい…

ここへ来てようやく米国株式市場に調整が入り始めていますが、そのきっかけになっているのは米国の減税案の実施時期の問題でまだ本格的な調整になるのかどうかは見極められない状況です。ただし、非常に気になるのが米国の長短金利差がいよいよ狭まり…

昨日、日経平均は久々に2万3300円を超える大商いを示現しましたが、昼休み時間中に先物が変調をきたしあっというまに現物も960円近く下落することになりました。その勢いは完全に流動性パニック相場の雰囲気を醸し出していました。ア…

ビットコインの取引をされている方はご存知のとおり、株式市場の爆謄相場の影で実はビットコインもかなり値を上げる動きを示現させています。これは、日本円との交換レートの日足チャートとなりますが、一瞬すでに100万円にも到達する寸前…

2017年も残すところあと2か月弱ということになりましたが、米国のファンド勢などで儲かっているところは感謝祭以降は順次クリスマス休暇に入るという悠長な時間帯にさしかかります。しかし儲かっていないところは相変わらずこの年末ぎりぎりまで…

アーカイブ

カテゴリー

ページ上部へ戻る
;